無痛治療

通常、歯の治療をする時は、痛みをなくすために、どこの歯科医院でも行っているのは麻酔をする事です。ただ、痛みをなくすための麻酔が痛ければ全く意味がありません。そのために当医院では、さまざまな方法で痛みのないような麻酔を行うようにしています。

通常の麻酔注射が痛い理由

  1. 注射針を刺す時に痛い
  2. 麻酔液の注入時に痛む

表面麻酔

一種のシビレ薬(ゼリー状、ペースト状、スプレー式等)を注射する部位に塗ります。 これにより針の刺さる痛みをなくします。

浸潤麻酔

針を刺した後の液を組織に注入する際の痛みは、注入速度により異なります。 当医院では、細い注射針を使用し、注入速度をコントロールできる電動式注射筒を使用し、痛みをなくすようにしています。

局所麻酔

局所麻酔局所麻酔当医院では33ゲージという極細の注射針を使用しています。
※完全使い捨てです。

これらの方法で、まずほとんど痛みのない治療を受けることが出来るようになります。

しかし、歯の痛みというのは、肉体的な痛みとは別に、歯を削る機械の「キィーン」というあの音を聞くだけで、 本当は痛みがなくても"痛み"があるように感じることがあります。

このような麻酔注射では、取り除けないイメージからくる痛みを少しでも和らげられる様スタッフ一同努力しております。