医院案内

診療科目

一般歯科、小児歯科、予防歯科(歯周病)インプラント審美歯科(ホワイトニング)

診療時間

月~金曜日

午前9:30~13:00 / 午後14:30~18:30(初診受付は18:00まで)

土曜日

午前9:30~12:00 / 午後13:00~16:00

木曜・日曜・祝日

休診(祝日のある週は木曜も診療します)

予約制のため、ご予約の無い方・初診の方は事前に電話連絡の上、ご来院下さい。

連絡先

ウカイ歯科クリニック(兵庫バイオインプラントセンター)
〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町7丁目28番1号 共栄ビル2F

TEL:06-6422-8241/FAX:06-6422-8041

地図はこちら

医院の写真

外観

外観外観駐車場

受付・待合室・診療室

受付待合室診療室

特診室

受付待合室診療室へ診療室診療室カウンセリングルーム

設備案内

オクルーザー

大学病院など総合病院で使用されている咬み合わせなどを測定する精密機械です。咬み合わせ・咬む力・バランスなどを測定診査しそのデーターをもとに咬み合わせ等の調整を行っております。(保険外\2,500-)

各歯牙の咬む強さが一目で分かり、かみ合わせのバランスを測定することができます。

オクルーザー

ビジュアルマックス

口腔内カメラを利用し撮影した写真を、患者様ご自身が見ながら、現在の状況や今度の治療についてご説明しております。

各歯牙の咬む強さが一目で分かり、かみ合わせのバランスを測定することができます。

治療の履歴も残りますので、治療前と治療後の比較や、再診の際にもスムーズに治療が行えます。

ビジュアルマックス

レーザー治療器

当医院では、安全性が高く、汎用性の高い炭酸ガスレーザーを使用しています。炭酸ガスレーザーは、主に歯茎の治療に効果があります。歯槽膿漏や、歯茎が膿んで腫れたりしても、麻酔なしか、歯茎に薬を塗るだけの表面麻酔だけででき、術後の痛みも殆どなく、治りも早いのです。また、今まで、他の方法では、なかなか治療が難しかった、水が歯にしみる知覚過敏の治療にもかなりの効果がありますし、ホワイトニングの効果を劇的にあげることが出来ます。

レーザー治療器

生体情報モニタ

心電図やパルスオキシメータの波形の変化などにより、患者様の血圧変動などをリアルタイムにキャッチします。

生体情報モニタ

KaVo製 DIAGNOdent(ダイアグノ)

高性能のレーザーを使用し、視診やX線では分かりにくい裂溝部のむし歯の診断を可能にします。むし歯と思われる所にレーザーをあて、その数値からむし歯の進行状態を調べます。見た目には虫歯がなくてもレーザーの光で発見できますし、レントゲンの撮れない妊婦さんにも安心で、予防診断にも役立ちます。

KaVo製 DIAGNOdent(ダイアグノ)

口臭測定器(ブレストロン)

わずか45秒で測定完了、即表示する口臭測定器。 歯周病の治療や予防の一環として、口臭は大きな要因となっており、 客観的な数値で口臭を測定し、原因を探ることが出来ます。

口臭測定器(ブレストロン)

PERIOTEST(ペリオテスト)

動的歯周組織審査・診断装置

歯の動揺度をマイクロコンピューターで計測し、初期の病変から見つける事ができ、 的確な診断を下す事ができます。

ペリオテスト

エレクトロサージカルメス

高周波電気メスです。切開・止血などの処置を行います。

エレクトロサージカルメス

口腔内カメラ

患者様のお口の中をモニターにうつしだします。

口腔内カメラ

口腔内カメラ(審美用)

口腔内カメラを撮影したい場所に設定し、 モニターに口の中がカラーで大きな映像で映し出されます。

モニターで治療の進行状況を説明しながら行うことで、治療への不安はなくなります。

口腔内カメラ(審美用)

AP水

電解水(AP水)は、精製水と食塩を電気分解してできていて、臭いがなく殺菌効果に優れ、皮膚への刺激を抑えた中性水なので、口腔内の洗浄・手洗い・小器具の洗浄・院内清掃などに最適です。

AP水

アロマポット

歯科医院独特の匂いが嫌な患者様も多いと思います。

患者様に安心して、くつろいで治療を受けていただけるように、 リラックスできる香りのアロマを置いています。

アロマポット

空気清浄機

常時空気清浄器によるエアークリーニングを行っておりますので、 細かいほこりなども全部きれいにして、診療室内の空気も清潔です。

空気清浄機

治療の流れ

応急処置
「歯が痛い」「歯肉からの出血」「入れ歯の具合が悪い」などの時には、まず、その部分から治療をいたします。
問診表にアレルギーの有無など、お体のコンディションも併せて記入していただき、これからの治療計画の資料とさせていただきます。
診査・診断
応急処置が終わると、お口全体を一単位と考え、充分な診査を行います。レントゲン写真を撮り、目に見えない隠れた病気を発見します。歯型を取り、上下の咬み合わせのバランス・歯ならびを見ます。
その診断結果については、カウンセリングの時に納得がいくまでご説明いたします。
予防プログラム
虫歯も歯周病もお口の中の環境改善で予防が可能です。
歯垢を取り除くことを目的とした充分なブラッシング、徹底した歯石の除去、食生活の工夫と改善が、再発を防ぐ治療を行う前提条件となります。
予防プログラムにより歯科衛生士が責任を持って原因の除去をお手伝いいたします。
カウンセリング
診査・診断の結果をもとに、ドクターから個別に症状・病因・治療方法・期間・費用についてのご説明をいたします。
再発をさせないために、また治療をスムーズに運ぶためには、患者さんご自身の理解と協力が必要です。
修復プログラム
歯には自然治癒力がないので、一度崩壊したところは、人工物で修復しなければなりません。単に詰めたり、かぶせたりするだけでは、一時的には噛めるようになるかも知れませんが、長期的に機能することは不可能です。修復物が人工臓器となりうるためには、「歯にフィットしていること」、「全体に調和した咬み合わせであること」など、質の高い治療が要求されます。
メインテナンス
さて、すべての治療が終了しました。
しかし、それは新たなるスタートでもあります。そして、なぜ歯が悪くなったかをもう一度考えてみてください。お口の中の環境が治療前と同じになれば、必ず、病気は再発します。虫歯も歯周病も初期のうちは、症状がありません。毎日のブラッシングによる、患者さん自身のメインテナンスを励行すると共に必ず定期検診を受けてください。治療後のフォローも万全にしたいものです。